遺書のメリット

遺書のメリットはどんなことでしょうか。死を考えるのは悲しいことですが、誰でも迎える死ですから、遺書について、考えておくのは人として大事なことでしょう。

遺書は法律的な力はない手紙ですが、故人の思いが沢山詰まっています。この世の最後にお願いしたいこと、言っておきたいことなど、人それぞれの思いが遺書でしょう。家族がいれば、家族に渡してもいいでしょうし、もし、家族がいない、何か法律が絡みそうと言った場合は信頼できる弁護士に渡してもいいでしょう。故人の思いが生きている人たちに反映され、良い絆が生まれると言うメリットがあります。また、弁護士という信頼できる相手が世の中にいたというだけでも、本人にとっての生きた証となることも大きなメリットかもしれません。また、人は心を預けて生きていけたら、幸せということを生きている人に知らせると言うメリットもあるでしょう。

そして、悲しいことですが、いじめ自殺、何らかの原因の自殺の場合、弁護士に遺書を預けることで事実解明が出来ます。悲しいメリットですが、これも生きている人たちに訴えると言う大きな意味になるでしょう。このように、遺書は様々なメリットを持ち、悲しいけれど、大事な手紙なのです。